全く異なる多くのタスクを
同時進行する

現在の業務内容は、総務として備品発注や防災業務に加え、多種多様のデータ精査や社内外の慶弔対応、など多岐にわたります。
すべての部署、業務に関わるため幅広い対応、臨機応変さが求められますが、全く異なる多くのタスクを同時進行するのは総務ならではだと思います。
部署の垣根を越えてコミュニケーションを取ることが多いので、相手の業務の本質を考える機会も多いと感じます。

ゼロから進めていくことの楽しさ

印象に残っているのは、当社初の展示会出展が決まり、そのチームのメンバーとして参加したことです。
入社間もない参加だったのでプレッシャーと、緊張と不安でいっぱいでしたが、テーマやコンセプト、どんなブースにするか、展示品の選定など、ゼロから進めていくことの楽しさや面白さを体感しました。
出展に伴い決めること、手配することが多く大変でしたが、総務としての経験を活かして幅広く、細部まで想像力を働かせる良い機会でした。

「困っている」「改善したい」を解決する

やりがいは、社内の「困っている」「改善したい」を解決する業務だと考えています。 機器の設定や使い方のほかに、こういう備品や制度があったら…など内容は様々ですが、絶対に解決するという気持ちで前向きに取り組んでいます。
中には専門的で難しいこともありますが、結果勉強になることばかりです。 解決策を見つけ、社内の方から「ありがとう」「助かった」と言われると、お役に立ててよかった!と感じますし、とても嬉しいです。

これからの目標は、会社の資格取得補助制度を利用して資格を取得したり、今後の業務に役立つセミナーや研修に参加したいと考えています。 管理部は少数精鋭なので、その一員になれるよう多くの経験、勉強をしていきたいです。