目の前でお金が行き交う会社のリアルを日々感じる

主に経理、財務を担当しています。 ただ、それだけに留まらず総務、人事、労務、バックオフィス全般業務を行っています。

実は会社で経理の仕事をするのは初めてです。 いままではずっと会計・税理士事務所に勤めており、クライアントである会社の社長様や経理担当者様とやり取りをしていました。 ですので、いままでのクライアント側の立場になったので全てが新鮮です。 今までは上がってきた売上金額や経理資料など、触れる情報の中心が取引の「結果」でしたが、目の前でお金が行き交う会社のリアルを日々感じています。

数字をつくって終わりではない仕事

仕事のやりがいを感じるのは、会社の状況を一番最初に知ることができることでしょうか。 金額で表せるものは全て経理に集まってきます。それを処理して会社の数字をつくっていくので 役員たちよりも真っ先に会社の業績や状況がわかります。

また、数字をつくって終わりではなく、会社の状況を知っているからこそ 資金繰りや取引先との間で入出金の漏れがないかなど、お金に絡むことにもかかわります。 会社の存続にかかわるような金額が動くこともあるので緊張感はありますが 会社の経営にかかわっているやりがいを感じます。

手間をかけずに
効率よくできる環境にしたい

人事や労務については経験がないので勉強しながらです。 それと、バックオフィス業務は属人化して非効率の温床になりがちなのです。
今は会計でも労務でもクラウドのサービスがあるので経理や勤務時間の管理、労務なども手間をかけずに効率よくできる環境にしたいと思います。